今年も本研究室に新しいゼミ生が襲来しました。第1希望の人もいれば希望していなかった人もいるでしょう。まぁそういったことは水に流して、今後の山本・岩田研究室を引っ張っていく存在となっていってくれるでしょう。