2010年8月5日から20まで、オランダのUniv. of Twenteに行き共同研究を行ってきました。この時期は気温は15℃前後、湿度は低く、非常に過ごしやすい日々でした。夜の10時まで明るく、時間を忘れ平均1日12時間ほど実験に没頭しました。その甲斐あって、非常に多くのペルブスカイト系酸化物による超格子薄膜の作製に成功しました。成果はボストンで開催されるMRSで発表予定です。