2010年10月28〜29日に信州大学行われた電子部品・材料研究会(CPM)薄膜プロセス・材料部門に岩田先生とM1の中條妃奈が口頭発表で参加しました。
題目は岩田展幸「C2O3/(Cr1-xAlx)2O3積層膜の作製と評価」「SrTiO3(100)基板上へのCaFeOx、SrFeOx薄膜の作製」
中條妃奈「Alq3/PEDOTを用いたスピンコート法による2層低分子有機EL薄膜の簡易作製」です。
たくさんの方の発表を聞いて、自ら発表しました。これらの経験と知識をこれからの研究に役立てたいです。