トップページ

メンバー

研究内容

研究業績



研究設備

研究風景

卒業論文

イベント

授業

学生の声

関連リンク

ゼミナール

ギャラリー
 

●(公財)カシオ科学振興財団研究協賛事業平成26年度 総額 100万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:橋本拓也
「酸化物人工超格子構造における強誘電性強磁性マルチフェロイック特性および巨大電気磁気効果の室温発現」

●日本大学学術研究助成金(総合研究)(継続)平成26年度 総額:512万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛、高野良紀、高瀬浩一、橋本拓也、石田浩、清水耕作
「酸化物人工超格子界面での革新的多機能発現と超低消費社会への還元」

●私立大学戦略的研究基板形成支援事業  平成2529年度 総額 5億円
研究代表者:塚本新、共同研究者:岩田展幸 他9
「超短時間光・物質相互作用の理解・制御が切り開く新材料・物性・デバイスの探索と創生」担当研究課題「光・電気・磁気相関の高速応答限界とメカニズム解明」

●(公財)カシオ科学振興財団 研究協賛事業  平成25年度 総額 100万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:橋本拓也
酸化物人工超格子構造における強誘電性強磁性マルチフェロイック特性および巨大電気磁気効果の室温発現」
●科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)))平成25年度~平成27年度 研究課題 25420295
平成25年度 130 万円 平成26年度 130 万円 平成27年度 120 万円
研究代表者:岩田展幸、研究分担者:山本寛、橋本拓也、高瀬浩一
「ヘテロ接合界面によって可能となる磁化反転および強誘電性強磁性特性の室温電界制御」
●日本大学学術研究助成金(総合研究)平成25年度 総額:800万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛、高野良紀、高瀬浩一、橋本拓也、石田浩、清水耕作
「酸化物人工超格子界面での革新的多機能発現と超低消費社会への還元」
●(公財)双葉電子記念財団 自然科学研究助成  平成25年度 総額 200万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:高瀬浩一
「電界誘起型磁化反転のブレイクスルー」
●科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)))平成24年度~平成26年度 研究課題 24560383
平成24年度 150 万円 平成25年度 150 万円 平成26年度 100 万円
研究代表者:山本寛、研究分担者:岩田展幸
共鳴光励起による単層カーボンナノチューブのカイラリティ制御法の新提案
●(財)カシオ科学振興財団 研究協賛事業  平成24年度 総額 100万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:橋本拓也
「酸化物人工超格子構造における強誘電性強磁性マルチフェロイック特性および巨大電気磁気効果の室温発現」
●(財)村田学術振興財団 研究助成  平成23年度 総額 150万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛、高瀬浩一、橋本拓也
「人工超格子及び積層膜による室温マルチフェロイック特性・巨大電気磁気効果の発現」
●日本大学理工学部プロジェクト研究 H22~23年度 総額 1500万円
研究代表者:岩田展幸 、共同研究者:高瀬 浩一、山本 寛、高野 良紀
「マルチフェロイック人工超格子による新物性領域の開拓」
●日本大学学術研究戦略プロジェクト戦略推進事業(ユニバース型)指定研究 平成22年度 総額120,000千円
研究代表者:大月穣、研究分担者:岩田展幸
「ナノ物質を基盤とする光・量子技術の極限追求」
●(財)カシオ科学振興財団 研究助成  平成22年度 総額 100万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛、早川建、矢島博文、井上修一郎
「自由電子レーザー照射による単層カーボンナノチューブのカイラリティ制御」
●日本大学学術研究戦略プロジェクト戦略推進事業(ユニバース型)指定研究 平成21年度 総額120,000千円
研究代表者:大月穣、研究分担者:岩田展幸
「ナノ物質を基盤とする光・量子技術の極限追求」
●科研費 若手研究(B) 平成21年度~平成23年度 研究課題 21760013
平成21年度 180 万円 平成22年度 40 万円  平成22年度 60 万円
研究代表者:岩田展幸
「強磁性金属膜/Cr2O3積層膜による室温での巨大電気磁気効果の発生」
●科研費 基盤研究(B 平成20年度~平成22年度 研究課題 20360145  
平成20年度 590 万円 平成21年度 370 万円 平成21年度 260 万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
高圧下での光重合プロセスによる超機能性フラーレンの創製
●(財)双葉電子記念財団 自然科学研究助成  平成19年度 総額 280万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛
「由電子レーザー照射による均一な電気特性を持つカーボンナノチューブの面内配向成長と伝導電子スピンの電気磁気効果による制御」
●日本大学学術研究助成金(総合研究)平成18年~平成19 総額:1225万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
「波長可変高輝度放射光を用いた新物質創製・精密結晶構造解析の独創的プロセス開発」
●科研費 基盤研究(C 平成18年度~平成19年度 研究課題 18560314
平成18年度 170 万円 平成19年度 170 万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
「エキシトン機構によるナノ構造室温超伝導体の創製とテラヘルツ素子プロトタイプの作製」
●(財)双葉電子記念財団 自然科学研究助成  平成18年度 総額 190 万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
室温超伝導発現を目指したナノスケール金属/有機分子超薄膜界面の形成と伝導性評価に関する基礎研究
●学術フロンティア推進事業(継続)平成17~19年度 総額294百万円
研究分担者:山本 寛、岩田展幸
「可変波長高輝度単色光源の高度利用に関する研究」
●(財)双葉電子記念財団 自然科学研究助成  平成17年度 総額 290万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛
「ボトムアップ法によるナノ構造フラーレンの作製」~高速応答する高集積単電子トランジスタ・分子メモリを目指して~
●科研費 基盤研究(B平成15年度~平成17年度 研究課題15360173  
平成15年度 500万円 平成16年度 300万円 平成17年度 150万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
室温超伝導発現を目指した金超薄膜/C60界面ナノ構造伝導系に関する基礎研究
●(財)双葉電子記念財団 自然科学研究助成 平成16年度 総額 200万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛
「位置制御された高密度・高配向カーボンナノチューブの開発」
●(財)カシオ科学振興財団  から研究代表者として助成 平成15年度 総額100万円
研究代表者:岩田展幸、共同研究者:山本寛
「次世代ハイブリッドディジタル素子のための酸化物薄膜低温合成法の開発」
●(財)双葉電子記念財団 自然科学研究助成  平成15年度  総額300万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
「フタロシアニン誘導体LB薄膜による電界駆動型発色可変機能の実現と表示素子への応用」
●科研費 基盤研究(C)平成12年度〜平成14年度 研究課題12650322  
平成12年度 150万円 平成13年度 110万円  平成14年度 70万円
研究代表者:山本寛、共同研究者:岩田展幸
「高分子C60超薄膜によるカオス的低次元電子伝導系の新規創製と超機能電子素子応用」